「ひまわり娘」伊藤咲子を聞きながら・・・ひまわりと夏の終わりに感じる仏教

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる」 太陽に向かって真っすぐ咲く花から、人を想いいつくしむ強い力を感じる。写真:ぱくたそ

お盆も終わり、暑かった夏もようやく終わりを迎える季節になりました。

近くの庭に咲いているひまわりの花を見ながら、ふと頭の中に伊藤咲子さんの「ひまわり娘」が頭に流れてきました。

「ひまわり娘」伊藤咲子

「ひまわり娘」は昭和49年に発売された、伊藤咲子さんのデビューシングルです。オーディション番組「スター誕生!」での優勝を経てリリースされました。作詞はその時の審査員を務めた阿久悠さんです。

当時16歳の彼女の明るい満面の笑顔は、まさに太陽に向かって真っすぐ花咲くひまわりを象徴しているかのようでした。

「ひまわり娘」 歌詞

歌:伊藤咲子
作詞:阿久悠
作曲:LAVY SHUKI


誰のために 咲いたの
それはあなたのためよ
白い夏の陽射しをあびて
こんなに開いたの
恋の夢を求めて
まわる ひまわりの花
そしていつも見つめてくれる
あなた 太陽みたい

涙なんかいらない
いつでも微笑みを
そんな君が好きだと
あなたは ささやく

もしもいつかあなたが
顔を見せなくなれば
きっと枯れてしまうのでしょう
そんなひまわりの花

誰のために 咲いたの
それはあなたのためよ
あなただけの花になりたい
それが私の願い
あなただけの花になりたい
それが私の願い

「ひまわり娘」から感じる仏教

ひまわりの花を眺めながら、「ひまわり娘」を口ずさんでいると、ふと阿弥陀仏のことが頭に思い浮かびました。阿弥陀仏は、浄土宗のご本尊であり、信仰の対象です。

阿弥陀仏は、法蔵菩薩という修行の身であった時、生きとし生けるものすべて平等に救うと誓われました。そして「念仏をする人はみんな救います」と誓いを立てて、菩薩から仏になったのです。つまり、この私を苦しみから救うために仏となったのです。

ふと「ひまわり娘」の歌詞と同じ思いを感じます。

誰のために 咲いたの
それはあなたのためよ

阿弥陀仏は誰のために仏となったのでしょう?それはあなた(私)のためなのです。

そして阿弥陀仏は、「いつも見つめてくれている太陽」のような存在で、いつも私たちを見守ってくれているのです。

阿弥陀仏の願いって何でしょう?

それは、今を生きる私たちが、命終わるまで元気に生き抜くことだと思うのです。ちょっとでも悔いのないように、少しでも幸せな人生を送れるように、そのために力を与えてくれているのが、阿弥陀仏です。

心のよりどころを持つということ

日常生活において、不安なことや苦しいことがあるのは当然です。しかし、そんな時のために心のよりどころを持っておくことが大事です。

みなさん信仰 持ちなされ
信仰なしに 生きられぬ

総本山光明寺第69世 関本諦承上人

信仰を持つということは、心のよりどころとなるものを持つということです。阿弥陀仏がいつもそばにいてくれている、阿弥陀仏がいるから、何があっても大丈夫だと、心によりどころを持っていることで、心に安心感や余裕が生まれます。この安心感や余裕な心が、イレギュラーなことが起こった時にそれを乗り越える力に変わるのです。

あなたのために・・・

16歳の少女が歌う夏の恋の歌。まっすぐと太陽に向かって伸びるひまわりのように、一途にあなただけを想う強い気持ちが伝わってきます。

阿弥陀仏も、ただ私のために一生懸命に力を働かせてくれています。その気持ちに気づくだけで、不安な心から安心へと変わることができるでしょう。
この気持ちを心のよりどころにし、不安なこともつらいことも乗り越えて行っていただきたいと思います。