お寺の掲示板

お寺の掲示板お寺の掲示板
お寺の掲示板

お寺の掲示板『嫌な人はいない、嫌だと思っている自分がいるだけだ』

お寺の掲示板『嫌な人はいない、嫌だと思っている自分がいるだけだ』 人間関係を作っていく中で、どうしても「好きな人」「嫌な人」というのがでてきます...
お寺の掲示板

お寺の掲示板『手を合わせると善意に受け取る心が生まれる』

お寺の掲示板『手を合わせると善意に受け取る心が生まれる』 「ありがた迷惑」という言葉があります。 よかれと思ってしたことが、受け取る人によ...
お寺の掲示板

お寺の掲示板『マナーの良さは自分をみんなを幸せに導く』

お寺の掲示板『マナーの良さは自分をみんなを幸せに導く』 最近、マナーに関する記事をよく見かけるような気がいたします。 ちょっと調べるだけで...
お寺の掲示板

お寺の掲示板『やさしく接するとやさしくかえってくる』

お寺の掲示板『やさしく接するとやさしくかえってくる』です。自業自得という言葉がありますが、自分で行った行為の報いは、自分に返ってきます。他人に優しく接する事ができれば、自分に優しくかえってくるのです。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『お願いしなくても佛さまはいつも祈ってくれている』

お寺の掲示板『お願いしなくても佛さまはいつも祈ってくれている』 お寺にお参りをすると、ついついお願いをしたくなりいます。 健康でいられます...
お寺の掲示板

お寺の掲示板『死んだら終わるのかそれとも生まれて往くのか』

お寺の掲示板『死んだら終わるのかそれとも生まれて往くのか』この二つの考え方は、結果として今を生きる私の行動にも結びついています。死後の世界があり、善い世界に生まれたいと願うから、善いことをするのです。善いことをすることは人として大切な行いです。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『手を合わすとき心は静まりかえっていますか』

お寺の掲示板『手を合わすとき心は静まりかえっていますか』お寺にお参りに来たとき、どんな心持ちでお参りしているでしょうか。自分勝手な欲望をむき出しにしてお参りしていないでしょうか。念仏三昧という言葉がありますが、念仏によって心は静まり浄められるのです。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『私はしばしば仏を忘れるが、仏は私を忘れない』

お寺の掲示板『私はしばしば仏を忘れるが、仏は私を忘れない』阿弥陀仏は念仏する人をすべて救うと誓い、その願が成就して仏となりました。衆生の往生と阿弥陀仏の成仏とは同時におこったことであり、つまりは衆生と阿弥陀仏は一体であるのです。これを機法一体といいます。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『気に入らぬ風もあろうに柳かな』

お寺の掲示板『気に入らぬ風もあろうに柳かな』仙厓和尚は臨済宗の禅僧であり、画家でもあります。作品のひとつ『堪忍柳画賛』には、柳画風に吹かれてなびく様子を「堪え忍ぶ」心に例えられています。本当の堪え忍ぶ心とはどのようなものなのでしょうか。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『切り花は切られるために咲いてない』

お寺の掲示板『切り花は切られるために咲いてない』仏様を供養するときに必ず必要なものが「香華灯燭」です。きれいな花を手向けて飾り付けをすることは大切ですが、忘れてはいけないこともあります。気持ちを整えて丁寧にお供えするようにしましょう。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『したらあかんことはしたらあかん』

お寺の掲示板『したらあかんことはしたらあかん』やるなといわれればやりたくなり、やれといわれればやりたくなくなる。そんなあまのじゃくな性格を持っているのが、私たち凡夫です。阿弥陀仏の救いを自覚し、したらあかんことはしないように励みましょう。
お寺の掲示板

お寺の掲示板『亡くしてから気づくことが多い』

お寺の掲示板です。『亡くしてから気づくことが多い』わかっているつもりになっていることや、わかろうとしていないことがたくさんあると思います。しかし亡くしてから気づくことはもっと多いと思います。亡くしてから気づいたことを大切にしていきたいものです。