総持寺について

総持寺について総持寺について
総持寺について

問答橋

総持寺の門前には「問答橋」という石でできた橋が架かっています。かつて学問の寺として、多くの僧侶を輩出した総持寺。新しく住職となる者は、ここで問答を交わし、その身分に値するかどうか見極められたといわれています。
ブログ

【禅定】という心の安定が、豊かな生活を生み出す

豊かな生活は禅定が生み出す さっきまで晴れていたと思ったのに、急に雨が降ってきました。今日は天気がコロコロと変わります。コロコロと変わるのは私の...
ブログ

銭湯生活を始めた女性が遭遇した「事件」他者との付き合いで大切なもの

便利なものがたくさんあって豊かな時代になったように思いますが、それでも生きていくことに関してどうしても不安は拭いきれません。それは、コロナ禍の中でます...
ブログ

物事をどのように受け取るか?この世は自分の心が作り出しているもの

境内の木にとまって鳴くセミ。夏の訪れを感じさせます。 物事をどのように受け取るか 今日も蝉の声が響いています。うるさいほど聞こえます。これを、お念...
2021.09.08
総持寺の歴史

明秀上人の生涯

総持寺は宝徳2年(1450)赤松明秀上人によって創建されました。爾来、紀州一帯のお寺をとりまとめる浄土宗西山派(のちに西山浄土宗となった)の本山として...
2021.09.05
総持寺の歴史

梶取本山 絵葉書 【総持寺の昔】

梶取本山 絵葉書 絵葉書を作成して檀信徒の皆さんにお配りしたことがあったようです。 いつの年代のものか、詳細はわかりませんが、今とは違う昔の様子が...
2021.09.02
ブログ

草抜きはの面倒は、考え方一つで解消する。

草抜きをいくらやっても、雑草は生えてくる だんだん日差しが強くなり、気温も高くて暑く感じられる日が増えてきました。 それに加えて、梅雨にも...
ブログ

花言葉から「あじさい」の花を愛でる

境内に咲くあじさいが少しずつ色づいてきました。 移ろいゆく美しさ 日本で古くから親しまれている「あじさい」 青、赤、白など、色とりどりの花が...
ブログ

立ち振る舞いに気をつけることで、その人は美しくなる

総持寺の境内で咲いている芍薬。立派な花がさきました。 立ち振る舞いを花のように美しく 立てば芍薬  座れば牡丹  歩く姿は百合の花他者に対して「あ...
2021.05.25
ブログ

きれいな花には棘がある

棘があることの自覚 キレイな花にはトゲがある。私はそのトゲで、人を傷つけないように気をつけよう。私はそのトゲを、自分の身を守るために使おう。 p...