【永代供養について】永代供養の流れ

最近よく聞く永代供養

総持寺でも永代供養の受付をしていますが、いまいち手順とかやり方がわからないことが多いのではないでしょうか。安心してお参りできるように、永代供養について紹介します。

永代供養について

総持寺で永代供養をすることができます。

その方法を詳しく説明します。

1、予約する

まずは電話などで日程をご連絡いただき、納骨する日をご予約ください。

平日、休日問わず、随時受付しています。

ただし、お寺の行事や法要などで、ご希望の日程で受け付けられない場合がありますので、ご了承ください。

2、

2、受付

納骨する日が決まりましたら、その時間に合わせてお越しください。

本堂向かって右手に寺務所がありますので、そちらから中へお入りください。受付をさせていただきます。

受付が済んだら、法要の準備ができるまで控室でお待ちいただきます。

受付で必要な物
・戒名(法名)
・命日
・俗名
・供養料

・戒名(法名)・命日・俗名はお勤めの際に読み上げさせていただきます。メモで結構ですので、わかる形でお持ちください。

また、申込用紙にご記入の上お持ちいただくと、受付がスムーズにいきます。

【申込用紙はこちら】

供養料についてはこちらをご覧ください。

3、本堂で法要

総持寺の本堂。お経の声はよく響き、荘厳な気持ちにさせられます。

本堂でお勤めをさせていただきます。

総持寺で永代にわたってご先祖様をお祀りするにあたり、ご本尊に報告し供養をします。ご本尊の前でもう一度故人様に思いを馳せて生前のお姿を想い返し、感謝とご恩の心を持つようにしましょう。

法要の中でお焼香をしていただきますので、お香の香りに気持ちをのせて、故人様に捧げてください。

お勤めの最後には住職からお話があります。

4、その後の供養について

位牌堂に祀られている永代供養諸精霊。預かった永代供養の精霊は、位牌を作ってここで祀られる。

故人様の戒名(法名)または先祖代々の位牌を作成して位牌堂でお祀りいたし、永代にわたって供養を致します。

また、年に一度永代供養法要のご案内をさせていただきます。これは、今までに総持寺で永代供養された方すべての故人様の供養をする法要です。永代供養をされた皆様にご案内をさせていただきますが、お参りできなくてもご供養させていただきます。

お寺が開いている時間は、自由にお参りすることができます。いつでもお参りください。

また、毎日お勤めしてご供養させていただいてますので、ご安心ください。

最後に

故人を偲び、ご先祖様を敬うことは、今を生きる私たちが生きがいを持って生きていくためにとても大事なことです。

ところが、お仏壇を置く環境が無かったり、後継ぎが途絶えてしまうなど、ご自宅で供養していくのが難しいというのが現状ではないでしょうか。

ご自身でお参りができなくても、お寺でご供養させていただきますので、どうぞご安心ください。