法話

法話法話
法話

【和歌山市断水の経験から学ぶ】本当に大切なこと

和歌山市六十谷にある水管橋が一部崩落し、和歌山市の紀の川以北地域において大規模な断水が発生しました。不便では有りましたが、それ以上に大切な事に気づくことができました。大切なものは見えない部分にあります。断水を通して感じたことを紹介します。
法話

「暑さ寒さも彼岸まで」が持つ意味とは?

「暑さ寒さも彼岸まで」というように、夏の暑さも冬の寒さも、お彼岸になれば和らいで過ごしやすくなります。実はこの言葉、単純に気候のことをいっただけではないのです。どのような意味があるのでしょうか。これを知ればお彼岸の過ごし方も変わるでしょう。
法話

なぜお彼岸は一年に二回あるのか?

お彼岸は春と秋の一年に二回あます。なぜ一年に二回お彼岸があるのでしょうか。お彼岸にはお寺やお墓へお参りし、ご先祖様の供養をします。一年に一度供養をすればいいのではないかと思うかもしれませんが、それではいけないのです。少し視点を変えて紹介します。
法話

【彼岸法話】テレビに集中するとその場を離れない子どもに見る仏教の精神状態

夢中になっている子どもの精神状態とは 四年に一度のスポーツの祭典であるオリンピック、パラリンピックが東京で開催されました。 テレビやインタ...
2021.09.05
法話

心頭滅却すれば夏の暑さも和らぐのか??

「心頭滅却すれば火自ずから涼し」という杜筍鶴の言葉があります。煩悩にとらわれることなく心を整えることで、ものごとを正しく見ていかなければいけません。とらわれることなく、暑いものは暑いままに、ありのままに出来事をそのまま受け入れていくことを教えています。
2021.09.28
法話

【平常心】ありのままの心と偏らないものの見方

平常心是道 いよいよ東京オリンピックが開幕されました。コロナ禍で不安の募る中での開催となりましたが、選手の皆さんには十分に力を発揮していただき、...
2021.09.08
法話

母親の涙の成分は?見えないものを感じる力

母親の涙の成分は?そこに含まれている意外なものとは? 写真:freephoto 見えないものを感じる力 科学が発達して、今までわからなかったものが...
2021.10.22
法話

雑草は種をまかないのになぜ生えてくるのか?

庭に生い茂る雑草 雑草はなぜ生えるのか? 梅雨の時期になると、雑草があちこちから生えてきて、みるみるうちに大きく成長していきます。 毎日毎日...
法話

【渇愛】というお釈迦様が気づいた真理と「永遠の愛」 

総持寺の境内に咲く桔梗の花 一途に人を愛する心 総持寺の境内にある大きな桜の裏側で、ひっそりと桔梗の花が咲いています。 表からは見えませんが...
2021.09.02
法話

人は見た目で判断される。一休さんから学ぶ人間の姿。

「人は見た目じゃない」という言葉をよく聞きます。それはその通りで、お釈迦様も内面である「心」を磨くことを常に説いています。 ところが、実際の所ど...