日常生活に役立つ掃除の心得

掃除は心を整えるもの。毎日の掃除を習慣化して、心のきれいな生活を送りましょう。写真:ぱくたそ

お寺の一日は掃除から始まります。お坊さんのイメージを聞かれて、黙々と掃除をする様子を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

きれいに掃き清められた境内、ピカピカに磨かれた廊下、チリひとつない本堂・・・
お寺を訪れると、厳かな空間の中に清潔感を感じます。

ではなぜこんなに一生懸命に掃除をするのでしょうか?
それは、心を整えるためです。

こころがきれいになれば、見える世界が輝きます。
世界が輝けば、今より人にやさしくなれます。

お坊さんが教える心が整うそうじの本』松本圭介

ここでは日常生活で役立つ掃除の心得を、『お坊さんが教える心が整うそうじの本』に基づいて紹介します。

なぜ掃除をするのか

冒頭でも紹介しましたが、掃除こころを整えるためにするものです。もちろん、その場所や空間をきれいにすることも大事ですが、日本の仏教では「こころを磨く」行いとして掃除がとても大切にされてきました。

僧侶の掃除と言えば曹洞宗や臨済宗などの禅宗が有名です。禅宗では日常生活のすべてが修行であると考えられていますが、中でも掃除や雑務は作務といって特に重要視されています。実際、曹洞宗の大本山である永平寺に行ってみると、チリひとつない境内やつるつるピカピカの廊下に驚きを隠せません。

私も修行時代、毎朝起きて初めにすることといえば、掃除でした。掃除は朝のお勤めの前にしなければいけないことなのです。朝早くに起きて、眠い目をこすりながらいくつもあるお堂をどうにかこうにか掃除するのは大変でしたが、その後に感じるすがすがしい気持ちは今でも忘れられません。

「面倒だし、なるべくならやりたくないから、何かのついでにささっと終わらせてしまおう。」
掃除はそういうものではありません。

お坊さんが教える心が整うそうじの本』松本圭介

これは私の経験からも同じことがいえます。面倒でイヤイヤやった時にはミスが多く、かえって二度手間になったりして時間がかかることがほとんどでした。一つ一つ丁寧に掃除することを意識するほうが逆に早く終わるというものです。

また、日本では昔から学校で全員が掃除をするのが当たり前とされてきました。帰りのホームルームが終わったら、クラスメートと一緒に教室の掃除をしたというのも一つの思い出ではないでしょうか。実は海外では生徒が掃除をすることはないそうです。つまり日本では、掃除に単なる労働以上のものを見出してきたのです。これはおそらく、掃除が単純に「汚れを落とす」だけでなく「心の内面を磨く」ことにつながると考えられるためです。

ところが近年、仕事に対する効率化や生産性が求められて、「やらなくてもいいことはやらない」という考え方が増えました。掃除に関しても、代行業者に頼む人が増えたのではないでしょうか。それが善いとか悪いとか言うわけではありませんが、効率化や生産性の向上による便利な暮らしが、果たして本当の幸福につながるのでしょうか。

本当に幸福な人は、こころが豊かな人できれいな人ではないでしょうか。相手を思いやり、人にやさしくなれる人こそ、本当の幸福をつかんだ人と言えるのではないでしょうか。

掃除はこころを整えてきれいにするものです。掃除の心得を日常に生かして、心がきれいで幸福な生活を送りましょう。